キャッシング初心者には超必見!比較サイトみても判らない方にお薦め2社を比較

  • ✓カードローンでお金を借りたい
  • ✓CMで有名な三井住友銀行カードローンとプロミスだったらどっちのほうがいいの?
  • 他のアコムとかはどうなのかさっぱりわからない。。

せっかくカードローンを使うのであれば、自分の持っている銀行口座と組み合わせて利便性の高そうなところがいいですよね。

始めてで、すぐ返せるなら、無利息キャンペーン、もうまとまって借りたい場合は大手銀行系のカードローンのほうが金利が断然お得なんです。

人に相談できなかったり、親や知人にもお金でトラブルになりたくない人はおおいはず。

三井住友銀行カードローンとプロミスの特徴

三井住友銀行のカードローンとプロミスは、別の会社の別サービスではありますが、非常に親しい存在ではあります。

提携コンビニATMの利用手数料が0円だったり、低金利なのに最大800万円まで借り入れできるという部分が非常にメリット。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
金利 年4.0~14.5%
限度額 10万~800万円
貸付条件 満20歳以上、満69歳以下で安定した収入のある方
保証会社の保証を受けた方
遅延損害金率 年19.94%
▶参照先|三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、『SMBCグループの、三井住友銀行という企業が提供する、カードローンサービス』です。

そのため三井住友銀行の口座を持っている人にとって、非常に利便性が高く便利なカードローンといえるでしょう。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

プロミス
金利 年4.5%〜17.8%
限度額 1万〜500万円
貸付条件 ・申し込み時年齢20歳から69歳まで
・ご本人に安定した収入のある
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
遅延損害金 年率20.00%

三井住友銀行に対して、24時間いつでも振込融資可能な『瞬フリ』が利用できてるので、高い親和性があります。

申し込みが初めての方限定で無利息期間を30日など、心配な人にも安心に使うことができます。

どちらも保証人・担保は不要であり、SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社になってくれます。

両カードローンの違いをしっかり把握

三井住友銀行のカードローンとプロミスは、どちらにも明確な違いがあるのです。前述の表を見てもわかる違いから、調べてみないとわからない違いがあります。

今回は微妙な違いなどではなく、利用するにあたってダイレクトに違う点を紹介するので、参考にしてみてください。

銀行ならではの金利か無利息期間サービスか

利用している中での最大の違いは、金利の違いでしょう。この違いは支払う利息の違いになってくるので、最も気になる点といえます。

三井住友銀行カードローンの上限金利は年14.5%と、プロミスの上限金利年17.8%より年3.3%低いです。

しかしプロミスの方には初めてのご利用といった条件を満たすことで、30日間利息ゼロ円なのです

どのくらいの期間で完済するのかがポイント

三井住友銀行カードローンとプロミスのどちらを選ぶかにおいて、最も重要な要素は完済までの期間でしょう

完済までの期間によってはプロミスの方がお得な場合がありますし、三井住友銀行カードローンの方がお得な場合もあります。

どのように借り入れを行うか精査して、適切な判断をしましょう。

支払う利息の違いを確認

銀行ならではの金利の三井住友銀行カードローンと、無利息期間のあるプロミスを比較すると、以下のような事実がわかります。

■短期間の場合→プロミスの方がお得
■中期間の場合→大きくは変わらず
■長期間の場合→三井住友銀行カードローンの方がお得

 

実際に10万円を借り入れたとして、年14.5%と年17.8%の金利で、1ヶ月・6ヶ年・1年・3年それぞれの、総返済額(利息を含む)を見てみましょう。

1ヶ月 6ヶ月 1年 3年
プロミス 100,000円 103,771円 108,411円 128,282円
三井住友銀行カードローン 101,191円 104,269円 108,020円 123,896円

 

無利息期間の影響で、上記の表では半年までプロミスの方がお得です。1年以上かけて返済する場合は、金利の低さによる差が出てくるため三井住友銀行カードローンの方がお得になります。

単純に支払う利息だけではなく、比較したいという人は。

三井住友銀行のカードローンがおすすめな人

  • ✓比較的に金利が低いカードローンがいい
  • ✓自分のペースでゆっくり返済していきたい
  • ✓ローンカードを持たず、キャッシュカードそのままがいい

それぞれ魅力的ですが、ローンカードを持たずに済めばカードローンを利用していることがバレませんし、なにより余計なカードが増えません。

三井住友銀行カードローン
  • 銀行ならではの金利が魅力!
  • 三井住友銀行がメインバンクではない方でもららぽーとが三井系列なので、埼玉や千葉、横浜のアウトレットでもATMは置いてあります。 地方で心配なく使えます
  • 個人的に4年前にサラリーマンから独立し貯金3万くらいしかなく起業したときに回りの友人はネットバンク、ゆうちょしか口座を作れなかったのですが、手元にお金がないとか勤続年数とかはさほど気にしなくてもよいかもしれません。
公式サイト

プロミスのカードローンがおすすめな人

  • ✓緊急時にすぐ返せる金額しか借りない予定
  • ✓30日以内に返済するので利息を払いたくない
  • ✓銀行口座と借り入れを分けて考えたい
プロミス
・スマホでお借入れ可能
・20代・30代の方から人気
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります
また、下記のプロミスの場合通常以外にレディースキャッシングなどもあり、女子に優しいんです。
詳細は普通のプロミスと変わりませんが、女性オペレーターさんが対応してくれます。
レディースキャッシングはこちら

どっちがお得かは使い方によって変わる

1社審査落ちてしまっても、審査部が各会社異なるため。両方少額でもよいのであらかじめ審査だけでもしておくとよいと思います。

急に用立てしなければならないことって結構ありますよね。

上記の情報を見ながら、自分にとって適切なサービスを選ぶようにしてください。

またどちらも借り入れであることには、間違いありません。お得な方を選択できたとしても、しっかりと返済プランをたてて上手に活用しましょう。

 

■三井住友銀行銀行カード

 

■モビット

 

■モビットレディース